〒898-0003 鹿児島県枕崎市折口町109番地

ブログ

【栄養科】働きやすい環境つくりに向けて(パート4)

2022年10月23日

洗浄室は、洗浄機自体の熱や燃焼廃棄により、高温多湿となるため、体調管理には、とても気を使います。今回、洗浄機の入れ替えにあたり、洗浄室が少しでも快適な空間になるようにしたいと業者さんに要望しました。そこで、紹介された洗浄機が今回購入した涼厨仕様の洗浄機です。「涼厨」とは、厨房を涼しくするガス厨房機器のシリーズで、厨房内の温度上昇を効果的に抑えるための工夫を凝らした構造になっているそうです。

  ➡

 

※以前の洗浄機は、裏側に回って修理することもあるため、中央に設置されており、空いたスペースが狭く、人の移動に苦労していました。今回の洗浄機は壁に寄せてに設置することができたため、空いたスペースが非常に広くなりました。

※剝がれていた床もきれいにコーティングしてもらいました。

 

  ➡

 

※シンクが小さかったため、床に十数個のバケツを並べ、食器を浸漬していましたが、シンクの容量が大きくなり、全ての食器をシンクに浸漬できるようになりました。

その他にも

①洗浄機の音が静かなため、稼働している時も会話が可能となり、連携が図れ、仕事もスムーズになりました。

②食器をラックに並べてから洗浄するため、洗浄機が稼働している時間が短くなりました。

③すすぎ時に使用する水量が以前の洗浄機と比較してとても少ないため、使用する水道代、水を温めるためのガス代、洗剤代のコストダウンに。(洗剤の使用量が、以前と比較し1/5量になりました。)

「毎年、5月には、クーラーを入れて作業していても、着替えが

 必要なくらい汗をかいていましたが、今はもう7月ですが、

 とても涼しい空間で仕事ができています」

« |

厚生会グループGroups