〒898-0003 鹿児島県枕崎市折口町109番地

感染ニュース

感染情報第21週

2019年6月4日

第21週における県内の手足口病が2000年以降最も報告数の多い週となった。

報告は九州を中心とした西日本に多く鹿児島県が全国で最も多い。

手足口病の原因となるウイルスは種類が多く再感染することもあるため

乳児の通う施設では今後の動向に注意が必要である。

感染情報第20週

2019年5月29日

手足口病、ヘルパンギーナが流行警報域となりました。

どちらも飛沫・接触により感染し、子供から大人へ感染することもあります。

咳エチケットや手洗いうがいを徹底し予防に努めましょう。

また、感染性胃腸炎も同様に増加しているためこちらも流行に注意が必要です。

感染情報 2019/05/13

2019年5月16日

第19週
加世田保健所管内の感染性胃腸炎報告数は終息基準値以下となりました。
鹿児島県では、手足口病の患者報告数が第17週までに7週連続で増加しており、全国で2番目に報告数が多い状況です。流水・石鹸での手洗いとタオルの共有を避けるなど感染予防に努めるようにしましょう。

感染情報第17週

2019年4月29日

加世田保健所管内における感染性胃腸炎の報告数が警報基準値を大きく上回りました。

また全国におけるインフルエンザ報告数も増加しています、警報レベルを超えている保健所はありませんが、注意レベルを超えている保健所は11か所となっています。

インフルエンザ報告数の比率はA型80%(前週84%)、B型20%(前週16%)とB型が増加傾向にある。腸管出血性大腸菌感染症の報告もあるため手洗いを励行し感染予防に努めるようにしましょう。

厚生会グループGroups